すのこのいかだ

お風呂の排水溝の流れがものすごく悪いこと、これが不満です。 築30年を超える部屋ですので、いろいろと老朽化してくる時期だというのは分かるのですが、やはり水回りの老朽化は見ていて気分がよくないものです。 お風呂のお湯を抜くと、そのお湯がいったん洗い場に全部出され、そこの排水溝から排水されるシステムになっています。 その洗い場の床が時代を感じるタイルなので、見た目のカバーと床から伝わる冷たさの遮断のために、すのこを置いているのですが、排水溝の水の通りが悪いおかげで、お湯を抜くたびに洗い場がだぶだぶになってしまい、すのこがまるでいかだのように浮いてしまう有様です。 この状態のすのこにうっかり乗ると、転びそうになって危険なのです。 愛甲石田マンション売却査定.xyz